レスキュージャパンブログ

レスキュー講習会の模様や新開発器材のニュース、ロープレスキューのテクニック、国内外のレスキュー事情など

アリゾナボーテックス講習埼玉追加 2021年1月16日

昨日まで、埼玉で2日間のアリゾナ講習を実施しました。

初日はあいにくの雨でどうなることかと思いましたが、2日目は晴れて写真の通り滞りなく実技を実施ました。

 

 

写真は、二脚のAフレームの設定と担架の取りまわし

 

施設に2日滞在したため、施設のスタッフの方と日程の調整を行い

満席だったアリゾナ講習埼玉に追加日程を設定しました。

 

新規 2021年1月16日(土)〜1月17日(日)

 

https://www.rescue-japan.com/SHOP/5111501025.html

 

よろしければご検討よろしくお願いいたします。

 

 

アリゾナボーテックス | permalink | comments(0) | - | - | -

タンデムプルージックの作業姿勢

メジャーとなったタンデムプルージックビレーですが

 

持ち場を離れるときには、作業姿勢を行うことが必要です。

そのやり方は、以下の写真の通りです。

 

 

根元を少し弛ませて、半結び2回。

 

弛みは、万一の衝撃荷重に備えての対応です。

 

 

 

 

 

 

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

デットマンアンカーを使用したテンションダイオグナル

先日のSRTでは、川岸で支点を取ることが出来ず、即席でのデットマンアンカーを活用しました。

デットマンアンカーとは、和訳すると、死んだ人のアンカーです。

 

この名前の由来は、地面を掘り返して抵抗となるもの(木など)地中に埋めて土や砂を掛けて埋め込み
まるで死体を埋めたお墓のように見えることからそう名付けられています。

 

 

補助のスタッフが1名で短時間で作成する必要があったため、それほど深く埋め込むことは出来ませんでした。
強度的にはそれほど強い物ではないことを前提に、河川に斜めの展張線(テンションダイオグナル)を作成しました。

 

 

必要に応じて、より深く埋めたり、複数アンカーを設置するなどすればより強固なアンカーと出来ます。

今回は、リバーレスキューであり、万一、アンカー崩壊となっても落下の衝撃荷重がかからない事
貼り具合や角度を計算してアンカーに負荷があまりかからないように設定しました。

 

 

十二分とは言えないですが、十分にリバーレスキューのアンカーとして使用することは出来ました。

このデットマンアンカーは、支点の取りにくい、雪山などでも用いられる応用的な支点の取り方です。

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

リバーレスキュー ハイラインチロリアンでの誘導ロープの数

9月最終週と10月の第2週の2回にわたって、スイフトウォーターレスキューテクニシャン1コース(略称 SRT1)を京都で実施しました。

 

1回目の時は、渇水

2回目の時は、台風の影響もあり増水

 

と同じ河川ながら全く水量の違った状態での実施となりました。

20年近く保津川でSRT1を実施していますがこれほど短期間での水量の差のなかでのリバーレスキューコースの実施は初めてでした。

 

 

写真はハイラインチロリアンの様子です。

SRT1の中でもロープシステムを使うため、もっとも大がかりなシステムとなります。

 

最近、よく

 

「左右移動のコントロールライン(誘導ロープ)は2本ではなく、3本がよいのではないか?」

 

という質問を受けます。

 

1.リバーレスキューでは、誘導を2本のみセットし1本は左右移動、もう一本を左右と上下に移動させるシステムで対応することがメジャーです。

 

2.それを、誘導を3本セットして、左右移動は左右移動のみとして、それぞれ右岸と左岸から1本づつの2本

そして、上下移動のみ動かす3本目を別途用意するのはどうか?

 

が質問の内容です。

 

ロープレスキューの場合は、ハイラインの破断を考慮した誘導3本が主流ですが、私は、リバーレスキューはロープを1本減らした2本の方がよいと思います。

 

なぜなら、リバーレスキューでは展張線が破断したとしても、ボートが水面を浮いているので、ロープレスキューの展張線の破断ほどの致命傷とならないため、システムがよりシンプルな誘導2本に軍配があがると思います。

 

特に川幅が広い、流速が早い場所での設定では、出来るだけロープの本数を減らしたいからです。

 

なにか特別な要素があり、展張線破断時に、下流に流される距離を最小限にする必要があるなら、誘導3本もありだと思います。

 

なお、ロープレスキューでもハイラインの高低差のあまりない場所で行う(落下しても致命傷にならない)斜めの展張でのハイライン(テルファー)では、誘導を2本としする方法で、レスキュー3の創設者のジムさんがよくデモを実施してくれていました。

 

 

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

レスキュージャパン講習 OBの会

当社のレスキュー講習を受講して頂いた方を対象に、

 

「レスキュージャパン講習OBの会」

 

というフェイスブックのプライベートグループ(非公開)の存在があります。

 

 

 

この会の意義としては、講習後の質問や一定のメンバーの間での情報交換の場になればいいなと思っています。

 

3年前程から行っています。

 

投稿の程度は、1ヶ月に1回程度の間隔ですが

 

今後も適度な頻度で継続していきたいと思っています。

 

質問などある方はこちらをよろしければご活用頂き、メンバーのみんなで情報シェアしていければよいと思っています。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

クラッチの使い勝手感想と豆知識

レスキュー活動の場面で、マルチに使えるクラッチの販売を開始しました。

 

https://www.rescue-japan.com/SHOP/2200511321.html

 

今までは、MPDだけでしたが、クラッチが追随してきました。

 

使ってみての今のところの個人的感想ですが

 

 

●メリット

 

MPDより小ぶりなところがよい

ビレーでのロープの送り出しがMPDよりやりやすい

巻き上げるときに、カリカリと音がなるので、視覚だけでなく、聴覚でも動作状況を把握出来る

MPDやIDとセッティングや扱い方が基本的に同じなので導入しやすい

価格面でMPDより少し安い

一人で2つのクラッチを同時に扱うことが可能(但し、特異なケースですが)

 

●デメリット

 

MPDの方が大きいので操作しやすい

今のところ11mmロープ用しかない(12.5mm用も開発されています)

MPDとクラッチ2種類あるとややこしい

 

 

余談としての豆知識です!

 

クラッチというと車のクラッチをイメージし動力をつなぐような感覚でいましたが

英語でクラッチという意味を調べると、「グッとつかむ」という意味があり

 

名称と意味がぴったりあっているなと納得しました!

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

アリゾナボーテックス導入講習

アリゾナボーテックスについて購入したけれども、使わずに車に積載したまま等の話を聞くことがあります。

 

確かに、アリゾナは、取っ掛かりずらい器具だと思います。

 

そのような声をよく聞くので、当社経由にてアリボーを購入して頂いた組織の方には、アリゾナ導入講習をご用意しております。

 

https://www.rescue-japan.com/arizona-school.pdf

 

 

■ 内容 9:00 〜 17:00

 午前 机上講習

   午後 訓練棟での実技講習

■ 料金 講習料金 50,000 円(税込み及び講師移動の交通費等含みます)

■ 人数 6名以上 12名まで(午前の机上講習見学可能、午後の見学は安全管理上お断りしております)

 

上記のようなお得な内容になっています。

 

また、弊社のアリゾナボーテックスは、他社さんよりもお求めやすい価格でご提供しております。

ぜひ、組織での導入時には、レスキュージャパンの導入講習をセットでご検討下さい。

 

https://www.rescue-japan.com/SHOP/1411100017.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

2020年下半期アリゾナ講習@埼玉

2020年の下半期のアリゾナボーテックス講習@埼玉を公開しました。

 

 

2020年

10月17日(土)〜10月18日(日)


2021年

3月15日(月)〜3月16日(火)

 

https://www.rescue-japan.com/SHOP/5111501025.html#mainimg

 

但し、10月分の講習はすでに満席になってしまいました。ありがとうございます。

 

上記のリンク先のサイトのカートにに再入荷が出たらお知らせという機能があり、こちらにメールアドレスを登録すると、空席が出た時にお知らせメールが届きますのでよろしければ登録お願いします。

 

なお、10月の満席に伴い、11月に追加の講習を準備中です。

よろしければ3月分もしくは臨時追加の11月分でご検討よろしくお願いいたします。

 

同時にアリゾナボーテックス2をも設定中ですので、こちらも設定が済み次第、アナウンスいたします。

 

よろしくお願いいたします!

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

AZTEK NFPA Gバージョン

スターリンのアズテックNFPA Gバージョンがあります。

 

https://sterlingrope.com/store/work/kits-and-systems/mechanical-advantage-kits/aztek-elite-nfpa

 

レスキュージャパンで販売しているアズテックと何が違うのかと見てみると

 

ロープは同じ

プルージックは同じ

プーリーは同じ

 

・・・

 

よく見るとシステム側の両端のカラビナがスチールのNFPAのGレートのカラビナで、それにより、NFPAGレートのシステムとなっていました。

 

なるほどそれでNFPAGシステムとなっているのですね。

 

但し、システム側に6mmのラチェットプルージック(流れ止めのためのブレーキプルージック)がついていいること、4本使いではあるけれどもロープは8mmであることなど、システムとして見る場合は、個別の構成要素とは違った視点でみることなど、面白い発見がありました。

 

なおシステムと逆側の自確サイドは個人使いを想定しているためGではなく、NFPAのTのアルミカラビナ、パーセル、オーバルリンクなどがついています。

 

「うちでも、両サイドにGのカラビナをつけて、アズテックGの取り揃えしたらいいのでは?」とスタッフに言われました。

 

確かにそうかも知れません。

個人的には、軽いカラビナが使い勝手がよいので好みなのですが、迷うところです。

 

すこし検討してみます。

 

- | permalink | comments(2) | - | - | -

2020年秋期リバーレスキューSRT1開催予定

新型コロナウィルスの影響で予定を出せていなかった、スイフトウォーターリバーレスキュー(SRT1)を以下の日程で開催いたします。

 

2020年

 

9月29日(火)〜10月1日(木)
10月9日(金)〜10月11日(日)

 

https://www.rescue-japan.com/SHOP/5113100242.html

 

このコースで紹介する技術や知識は、急流域でのレスキュー活動はもちろん、洪水や台風による水害などの近年のゲリラ豪雨にも適用出来ます。

 

机上講習では、急流における知識面

実技講習では、その知識を実際の現場で身を持って体験しさまざまなリバーレスキューの技術を学びます。

 

初めての方はもちろん、過去にロープレスキューを受講して頂いた方にもお勧め出来る内容となっております。

 

ご検討下さい!

 

ご質問などあればお気軽にお問い合わせください。

- | permalink | comments(0) | - | - | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>