レスキュージャパンブログ

レスキュー講習会の模様や新開発器材のニュース、ロープレスキューのテクニック、国内外のレスキュー事情など

イングリッシュリーブとノルウェーリーブ ハイライン

ハイランについてのバリエーションは何種類かありますが、

 

今回は、イングリッシュとノルェーの2つのリービングハイラインについて述べます。

 

名前からすると、英国とノルウェー式のハイラインだと思われます。

クートニーハイラインは、カナダのクートニーという街の名前から来ていることもありますし。

余談はさておき

 

2つの違いは、リービングラインのセッティングが大きく違います。

 

reeveの意味は、辞書では、ロープを通す、穴に通してまたは何かに巻いて留めるとなります。

 

イギリス式の通し方、ノルウェー式の通し方2種類です。

 

以下の写真は、ノルウェーリービングです。

但し、変形バージョンです。

 

1つ目はプルージックをイングリッシュのように双方付けた状態にしています。

2つ目は、ロープレスキューでは必ずあるべき、双方からのコントローラインが左側の青の一本しかつけていません。

リバーレスキューのハイラインチロリアンでよく実施する形です。

 

 

 

白のリービングラインの形や動きについて言及すると

ロープの端末がクートニープーリーに止められいます。そのため片側のみからのロープの動きとなります。

 

なお、イングリッシュリーブは、端末がクートニープーリーに止められるのではなく、対岸の支点まで行き

双方向からのロープの動きが可能になるものです。

 

イラストで表すとこのようなかんじです。

 

ノルウェー

 

ーーーーーU

 

イングリッシュ

 

-----------U------------

 

イングリッシュは、かならずプルージックを双方に付けます。

双方から動かせる仕組みなので、プルージックが片側だけだと対岸の操作員のミスによる落下を防げません。

 

ノルウェーは片側から動かす仕組みなので、基本、プルージックは、片側に付けるだけで操作員のミスによる落下を防げます。

但し、クートニーに結んでいる結び目がとれてしまうなどのトラブルを考慮するならば、前掲の写真のように双方付けることもあります。

 

シンプルかと言われるとそうでない部分があり、どちらかというと付けない方を多く見かけます。

 

このあたり、実際の動きで確かめるのがよいとは思います。

 

ART5では、ハイラインを予定しています。

そろそろ実施しないとおもいつつ、時間が経過しています・・・・

反省

 

 

 

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

MPDの操作方法 下降とビレーモード

MPDは、ご存じの通り、マルチパーパスデバイス⁽(多目的器具)の略で、一つの道具で下降器、倍力時のプーリー、ビレーと1つで3役をこなす優れものの器具です。

 

今回は、この便利な器具であるMPDの操作について一言申し上げます。

 

それは、下降器モードの使い方とビレーモードの使い方の混同です。

 

下降器モードでの使い方は、レバーを操作してロープを送り出します。

 

 

それに対して、ビレーモードでの使い方では、レバーは全く触らずに、ロープを送り出すことによって器具を操作します。

 

 

ここでのポイントは、レバーを触って操作するかしないかの違いです。

 

整理すると

 

下降器モード

レバー操作あり

ビレーモード

レバー操作なし

 

例外としてMPDを使ったツーテンションシステムとういう運用方法をとることもありますが、この方法でもエッジの出入り口などリスクが高くまたロープの送り出し量が少ない場所では、レバーを触ることなく基本のビレーモードの操作方法でMPDを扱うとMPDの開発者から直接指導してもらいました。

 

メインロープが切れた場合に、即時にビレーが効くか否かということを考えると、レバーに触れずに操作するビレーモードでの操作方法をお勧めいたします。

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

タンデムプルージックの点検方法

ビレーの定番と言えば、タンデムプルージックです。

BCCRのドロップテストの基準を満たしている2人用の確保方法です。

 

 

但し、それも、そもそもプルージックがロープに正しく巻き付けられているからこそ、摩擦力で荷重を保持することが出来ます。

 

巻き付け方の方法やコツは色々ありますが、今回は、点検方法について述べたいと思います。

 

システムを稼働させる前は、メインラインに吊り点検を行うのと同様、ビレーにも稼働前の点検を実施します。

 

点検方法も色々ありますが、今回は、タンデムプルージックをそのまま2つ引っ張って点検するのではなく、長短のプルージックを個々に引っ張って点検する方法をご紹介します。

 

 

写真 通常の点検方法

 

2つ同時に引っ張ると固いプルージックの場合は、2つあるプルージックの1つだけしか利いていない場合でも、あたかも2つ利いているように見えてやり過ごしてしまう場合があります。しっかり目視や利き具合の感触を確かめれば見逃す場合は少ないでしょうが、念のため1つづつ引っ張って確かめてもそれほどの時間が掛かるわけではありません。

 

写真 個々に引っ張って点検している図

 

最近、私は少しの手間ですが念のため個々にチェックする方法でタンデムプルーの点検を行っています。

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

AZTEK(アズテック)の100通りの使い方

AZTEK(アズテック)は、100通りもの使い方があると言われています。

 

 

でも一体、具体的にどんな使い方があるのか・・・・

 

100通りまでは行きませんが、以下に代表的な使い方が掲載されているユーチューブビデオを張っておきますのでよろしければ参考にしてください。

 

 

 

上記に掲載の内容は

 

4対1の倍力
5対1の倍力
ガイライン
調整出来る方向替え
ロードリリースヒッチ
調整できる高取支点
ノットパス
宙吊り救助(ピックオフ)
エッジレストライント
クイックな懸垂降下
トルービレー
アジャスタブルアンカーストラップ
担架アテンダント取りつき
担架スクープ
リッターバイパス

 

また、御覧のとおりAZTEKは、アリゾナエッジテクニシャンキットの頭文字を集めたものです。

 

まだまだ使い方がありますので、折にふれお伝えしていければと思っています。

 

次回は、99番目の使い方(ナインティナイン)として、有名なアリゾナボーテックスの出入りの時にビレーラインを上げておくAZTEKの使い方にしようかと思っています。

 

乞うご期待!

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | - | - | -

カラビナが破断する瞬間(動画あり)

カラビナ破断の瞬間の動画です。

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

1月・2月埼玉開催レスキュー講習へ参加予定の皆様

先日の雪の影響で講習場所までの道路が現在凍結しております。


車でお越しの際は、念のため冬用タイヤを装着のうえお越しください。

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

アドバンスドロープレスキュー1埼玉に空席ができました!!

こんにちは!レスキュージャパンです!!

 

先週まで満席でした2月9日(金)開催のアドバンスドロープレスキュー1 埼玉に1名キャンセルが出ました。

このチャンスをお見逃し無く!!ご参加お待ちしております!!

 

お申込はこちらから↓↓

http://www.rescue-japan.com/SHOP/5111500207tokyo.html

 

日程 : 2月9日(金)集合9:00~終了予定時間18:30

開催場所 : 埼玉県飯能市(名栗げんきプラザ)

(電車でお越しの方は、横瀬駅からの送迎を行いますので事前にお申し付け下さい(要予約)→西武秩父線 横瀬駅 8:30 集合 )

参加費 : ¥15,600(税込・昼食付)

講習内容 :

アドバンスドロープレスキューテクニシャンコースは、通常のロープレスキューテクニックの応用発展コースとして、ロープレスキュー講習の受講経験者を対象に行われるコースです。通常の講習ではカバー出来なかった項目を実施します。新たな知識の補充の場としてもしくは、ロープレスキューの復習の場としてご利用していただいています。

内容は、傾斜地ではガイディングライン(ローアングルでのハイライン)、壁面ではピポット(垂直面での担架の縦入れ、縦降ろし)、多種多様に使用できるAZTEKも用いて1日の時間で行う講習です。

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

11月に埼玉でTRR講習開催いたしました!!

こんにちは!レスキュージャパンです!

先日、埼玉でTRR講習開催いたしました!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!!

 

 

 

これからご参加いただく方、講習場所は寒くなるので暖かい格好でお越しください。

 

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

11月実施のレスキュー講習空席のご案内

◆◇レスキュージャパンよりのお知らせ◇◆

11月実施のレスキュー講習にまだ空きがあります。
(お申込み状況は11月8日現在のものです)
ご参加をお待ちしております☆

●レスキュー3 テクニカルロープレスキュートレーニング埼玉のお申込みはこちら
http://www.rescue-japan.com/SHOP/51111002354.html
2017年11月29日(水)〜12月1日(金)

●レスキュー3 テクニカルロープレスキュートレーニング愛知豊田
http://www.rescue-japan.com/SHOP/51111002314.html
2017年11月14日(火)〜16日(木)

●アリゾナ ボーテックス フレーム講習 岡山
http://www.rescue-japan.com/SHOP/5111500219.html
2017年11月22日(水)〜23日(木)

定員に関しましては、受講申込者が埋まり次第の締め切りとなります。
仮予約は受け付けかねますのでご了承下さいませ。

レスキュー技術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

◆◇レスキュージャパンよりのお知らせ◇◆

こんにちは!

10・11月のレスキュー講習にはまだ空きのある講習があります。
講習を受けられるには季節の良い今がチャンスですよ!

●レスキュー3 テクニカルロープレスキュートレーニング岡山県吉備
http://www.rescue-japan.com/SHOP/51111002274.html
2017年11月19日(日)〜21日(火)

●レスキュー3 テクニカルロープレスキュートレーニング愛知豊田
http://www.rescue-japan.com/SHOP/51111002314.html
2017年11月14日(火)〜16日(木)
レスキュー3ジャパンのテクニカル・ロープレスキュー・テクニシャン(TRR-T)コースは、峡谷や崖、あるいはビルや鉄塔、地下道や洞窟など、足場が不安定で高低差がある場所で、ロープを使用した組織的レスキュー活動を行う際に必要となる知識や技術、また安全確保などを3日間の行程で体系的かつ組織的に学んで行くプログラムです。

●ロープレスキュー1日セミナー京都
http://www.rescue-japan.com/SHOP/51113002374.html
2017年10月23日(月)・・・あとわずかです
2017年11月6日(月)
ロープレスキューの取っ掛かりの場としてもしくは、救助のベテランの方が三打ち救助とロープレスキューとの違い確認する場としてご利用頂いております。
内容は、午前中ではロープノット、支点の取り方、倍力システム、午後は救出線、確保線(ビレー)のシステム紹介。器具を使用した懸垂降下、最後はシステムでの救助者の上げ下げになります。

●アリゾナ ボーテックス フレーム講習 埼玉
http://www.rescue-japan.com/SHOP/5111501025.html
2017年10月30日(月)〜31日(火)

●アリゾナ ボーテックス フレーム講習 岡山
http://www.rescue-japan.com/SHOP/5111500219.html
2017年11月22日(水)〜23日(木)・・・あとわずかです
ロープレスキューの基本技術取得者を対象に行われる講習でレスキューフレームの基本的使用方法から応用的運用までを2日間でみっちり習得するコースです。基本技術を一通り身につけ、さらなる発展技術を習得したい方にピッタリの講習です。

●スイフトウォーターレスキューテクニシャンレベル1コース 京都
http://www.rescue-japan.com/SHOP/5113100242.html
2017年10月25日(水)〜27日(金)
このコースで紹介する技術や知識は、急流域でのレスキュー活動はもちろん、洪水や水害などさまざまなレスキューに適用でき、高い実績と評価を得ています。また、講習内容が学科項目、実技項目ともに体系的に構築され、理論的かつ合理的な内容になっているのが他には類のない最大の特徴です。そのほか、講習においても実践においても、作業中のレスキュアーの安全管理を徹底して重視しているのも特徴のひとつです。
コースの修了者には国際的資格であるレスキュー3の認定証が発行されます。

*10・11月開催の上記以外の講習は全て満席となっております。キャンセル待ちをご希望の方は弊社まで電話でご一報ください。

定員に関しましては、受講申込者が埋まり次第の締め切りとなります。
仮予約は受け付けかねますのでご了承下さいませ。
ご参加お待ちしております☆

 

レスキュー技術 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>