レスキュージャパンブログ

レスキュー講習会の模様や新開発器材のニュース、ロープレスキューのテクニック、国内外のレスキュー事情など
<< ダイナミックロープについて | main | ドライロープ VS ノンドライロープ >>

ダイナミックロープについて【続】

 
ダイナミックロープの基準は、EN(European Norm)によって定められています。


ここでの衝撃荷重のテストでは、80kgの重量のものを2.8mのロープを使って4.8m落下させることによって実験します。




シングル用ロープでは、この5回の落下テストに耐えなければいけません。

また、この最初の落下テストにおいての衝撃荷重は、12kn以下であることも求められます。

つまり、それだけロープが衝撃荷重を吸収してあげないといけないということです。

続きはこちら→

また、最初の落下テストの時に、衝撃荷重を受けたロープの伸び率は40%を超えてはいけないことになっています。


衝撃荷重を受けたさいの伸び率だけではなく、静荷重での伸び率も定められていて80kgの荷を吊るしたときに、10%以下の伸び率であることも必要です。

その他、ロープの外皮と芯のすべりの幅やロープの重量、直径等についての定めもあります。

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rescuejapanblog.com/trackback/53
この記事に対するトラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>