レスキュージャパンブログ

レスキュー講習会の模様や新開発器材のニュース、ロープレスキューのテクニック、国内外のレスキュー事情など

和歌山県 古座川にてSRT講習

今回は、招かれての講習会となりました。


「南紀わかやまアウトドアフェスティバル実行委員会」主催で、
「月の瀬温泉ぼたん荘」を拠点として開催しました。


下記は、岩の下流側の流れの弱い部分を利用して対岸にわたる
泳ぎのトレーニングです。



下記は、斜めにロープを張るテンションダイオゴナル。
いつもは倍力システムを作成しロープを張りますが、今回は支点を
取れなかったのでマンパワーでロープを張りました。



ここ、古座川は透明度の高い美しい川でカヌーを楽しまれる方も多くいます。
残念なことは、白く泡立つ流れが少なく、一見穏やかに見える川ですが
実際に川に入ると思った以上の水圧があり、カヌーを楽しまれる
一般の方には見た目は安全な川に映り、ヘルメットなどの装備を付けずに楽しまれて
いました。

※これから暖かい時期を迎えます、川に出かける際は、装備着用と、禁酒でお願いします。


※また、講師派遣の出張講習も行っていますので、お気軽にご相談いただければと思います

財田

SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

SRT-1 吉野川

 四国吉野川でSRT講習を行いました

急流では泳ぎは欠かせません。
個人での泳ぎ、チームで泳ぐことでの救助の限界性を高め
また、ボートを使用することにより、更に限界性を高めます










SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

SRT京都

 10月25日から27日まで京都保津川にて急流救助(SRT)講習を行ないました。


これまで、暖かい日も急激に終わり最終日は秋を通りこし冬が来たかと思うほどの気温が下がり、今回は流れより寒さとの戦いでした。川の水位が少なかった事が、幸か不幸かと言うところです。

自ら泳ぎ要救助者と接触し、自ら泳いで要救助者を引き連れて戻す(コンタクトレスキュー)ことは救助者にとってかなりの体力を必要とします。
下記はPFDにロープを結着した救助者が要救助者に泳いで接触、陸上でロープを確保している救助者がそのロープを引くライブベイトレスキューの模様です。要救助者のところまでは泳ぐ必要はありますが接触後はロープを引いてもらえるので泳いで接触した救助者への負担が随分と少なくなります。










コンタクトレスキューを今回は久しぶりに自分も行ってみましたが、ほんとに進んでる感がなく水量が少なくて良かったと正直思えました。(笑)

財田
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

SRT1 徳島吉野川

 徳島吉野川にてSRT1講習を行いました
今回は少人数での講習となりました。2日目の昨日は天気も良く暖かかったですが、最終日の本日は天候が少し悪くなりましたが無事に終える事が出来ました。

下記は講習の様子です

水量が少ないと言えども、流れの強い吉野川は要救助者役(奥の黄色いヘルメット)も思わぬエディライン(流れと淀みの境目)の渦に足を引かれ水中に沈められます。




泳いでのラインクロッシングは一苦労です

無事にラインが対岸と繋がりました。
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

SRT1 京都

 9/28(火)−30(木)まで京都保津川にてSRT1の講習を行ないました

下記は今回の講習の模様です。











SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

京都にてSRT

京都保津川にて急流救助講習を行ないました。

実技講習の2日間は気温も上がり川に長く浸かっていてもまったく寒くなく
天候に恵まれました



ストレーナー講習では、見た感じは流れが激しくなくても単純なストレーナーに
掛かるだけで自由が奪われ、水圧の怖さを身体で感じます




急流救助ではラフトボート操船は有効的です。
船外機付き、動力に頼るボートでトラブルに巻込まれ
コントロールが利かなくなれば、ボート操船は必修です



右岸左岸上流下流から4本のラインを張ることにより
陸上からボートを操ります。これなら、流れの中でもボートを
停める事が出来ます。

SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

瀬田川でSRT講習

 瀬田川にてスィフトウォーターレスキュー講習

桜の開花宣言はしたものの朝はバケツの水に氷が張るほど
気温が下がるなかの講習でした。水温は低く、普段より水量も多く川幅は広く流れも速い
泳ぐには絶好のコンデション(泣)

陸上では自由に動けるも、川の中では思うように動けず
何が出来るのか、どこが限界なのか、
そして知識や技術を身につける事により限界地を高め
複数で行なうことでまた限界地を広げていくことが出来ます。

下記は今回の講習の様子です。






SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スィフトウォーターレスキュー講習


スィフトウォーターレスキュー講習


10/5〜7まで徳島吉野川にてSRT-1講習を行いました
台風の接近がからみ降雨からの水量が心配でしたが、
終わってみれば講習を行うには程よい水量での講習でした。


C(cervical)スパインロール


写真は、流された要救助者が岩等の障害物で頭等を強打し頚椎損傷の可能性があり
体の自由が利かずに自力で気道確保できない可能性があると想定し、
頚椎を固定した状態でうつ伏せから仰向けに起こすテクニックです。

いくつかの方法があるCスパインロールの中でも、
これはライフジャケットを身に着けた要救助者に有効的なCスパインロールです。>
Cスパインロール
Cスパインロール

SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

SRT徳島

 徳島でSRTを実施ししました。

絶好の水量と天気に恵まれました。



フェリーアングルで川を横切る様子



ハイラインチロリアンの様子

SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

京都SRT

 

 

京都でSRTを行ないました。

今回は、10月というのに絶好の天気で、ウェットを着ていると暑いぐらいの気温でした。

また、保津川の水量もある程度多く安定した水位で講習を行なえました。



スローバックの訓練



コンタクトレスキュー



2pテザーシステム

ボートの中に水流が入り非常に重くなっている状況
 
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>